RSSはこちら

プログレ狂の詩

魅惑的なプログレッシブ・ロックとアナログ・レコードの世界を、独断と偏見でディープに語ります。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄04⁄22(Tue)
  • 14:43

禁断の果実

神戸から帰郷した1994年以降、僕のプログレは再び低迷期に突入します。それまでの熱狂が嘘のように、レコードをターンテーブルに乗せる回数も買う枚数も極端に減ってしまいました。
 このような状況が一変したのは7年後でした。約2年前の1999年から取扱いが開始されていたヤフーオークションへの参加です。
 それまでは、ヤフーがオークションを始めたことは知ってはいたものの、プログレ関連のレコード出品数が少なかったことと、未だ体制が不十分なため落札したのに商品が届かない等のトラブルが発生していたことを知っていたので、なかなか踏み切ることが出来なかったのです。
 しかし、その魅力は何といっても価格の圧倒的な安さでした。もちろん他に入札者がいなければの話ですが、その金額で、もしくはそれに近い金額で手に入る可能性があるということ自体が最大のポイントでした。
 そして2001年12月22日、とうとうオークションと言う禁断の果実に手を出してしまったのです。

生まれて初めて落札したレコードはアルゼンチンのプログレグループESPIRITUの2ndアルバム"Libre y Natural"でした。
開始価格は¥1,000、当時の中古レコード店や通販での市場価格は現在よりすいぶん高く1万円前後だったと記憶しています。そして最終落札価格は驚きの¥1,500でした。

Espiritu.jpg

状態はイマイチでしたが、探していたレコードがパソコン上で簡単に、しかも考えられないような値段で手に入ったのです。確かに、『レコード棚から1枚1枚探して掘り当てる』という楽しみはありませんが、この初体験のインパクトは絶大でした。
それまでの7年間は、年に数回あった東京出張の際のついで買いが主体でしたが、以後は必然のようにオークションにのめり込んでいったのです。

それから13年、現在では海外のe-Bayや海外通販も時々利用していますが、多少の浮き沈みがあるものの、毎年200~300枚のレコードをオークションで落札しています。
その間、ジャズやクラシックのレコードに手を出したこともありましたが結局はプログレに回帰しました。
若い頃は、ゴリゴリのプレグレ狂でしたが、年をとるにつれてHard系、Folk系、Psyche系といった周辺ジャンルにも好みが拡がっていきました。それでもやっぱりメインはプログレッシブロックなんです。

生まれて初めてレコードを買った日から44年の年月が流れました。現在までに5千枚以上のレコードやCDを買ってきましたが、その95%はプログレッシブロックとその周辺ジャンルです。

なぜ僕はここまでプログレッシブロックというものに魅せられてしまったのか。僕にとってプログレッシブロックとは一体何なのか?
それを知るために(…と言い切ってしまうといささか大袈裟になってしまいますが)、なんやかやいろいろ考えた揚句、昨年の7月末にそれまで33年間勤めてきた会社を辞め、残りの人生をプログレッシブロックと共に生きていくことにしました。

最後はだいぶん端折ってしまいましたが、このままではいつまで経っても「はじめに」が続いてしまいそうなので、そろそろこの辺で締めます。

これからは、僕のお気に入りや、新たに入手したレコード等を具体的に紹介していきますので、今後ともよろしくお願いします。



スポンサーサイト
category
はじめに

TrackBack Url

http://prognet1958.blog.fc2.com/tb.php/8-8a6d1bc8

プロフィール

prognet

Author:prognet
世界中のプログレッシブ・ロックやブリティッシュ・ロックが大好きな50代男性。
CDや配信音源では絶対に味わえないアナログ・レコードの持つ魅力を、マニアックにそしてディープに紹介していきます。

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。