FC2ブログ
RSSはこちら

プログレ狂の詩

魅惑的なプログレッシブ・ロックとアナログ・レコードの世界を、独断と偏見でディープに語ります。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄03⁄30(Sun)
  • 16:14

光明

キングレコードのヨーロピアンロックコレクションは僕が大学3回生だった1979年にスタートしました。初回の8枚の中で特に気に入ったのが、Osanna"MIlano Calibro 9"とNew Trolls"Concerto Grosso1"の2枚でした。

 英国の5大プログレバンドの持つスマートさや格好良さはありませんでしたが、僕が暇つぶしに時々聴いていたクラシックの要素をふんだんに取り入れたそのサウンドは、それまでの欲求不満を解消するには十分でした。それまでイタリアのグループと言えばPFMしか知らなかった自分にとっては、まさに宝の山を掘り当てた気分でした。
 それに、学生にとって1枚¥1,800という値段も魅力的でした。ですから、それ以降各社からいろいろなシリーズが立ち上がったこともあって、買うレコードは専らこれらユーロ再発系が中心となっていきました。
 皆さんもご存じのように特にイタリア系の深堀り傾向は凄まじく、その後は文字通り重箱の角をほじくる様な再発が次々となされていきました。

 人間は欲どしいもので、このユーロ系の再発ブームを通じて知ることとなった、それこそ星の数ほどある新たな未知のグループの音をもっと聴いてみたいと言う想いがだんだんと強くなっていきました。今ならYouTubeで検索をかければ、すぐに聴きたい音が聴けますが、当時はレコードを聴くしかその方法はありません。しかし、京都や大阪のレコード店でそんなマイナーなレコードを見つけることは出来ませんでした。お金に限りのある学生の身分では、ユーロ再発系をひと月に5枚買うのがやっとです。またもやじわじわと欲求不満が高まっていくなかで、学生生活が終わろうとしていました。

 そして、就職活動が近づくにつれて、時間的にも精神的にもプログレに触れる機会が減っていきました。そして1982年の春、ついに社会人になる時を迎えました。文字通り、安気にプログレを聴いているような立ち位置では無くなったのです。
しかし、しばらくしてそんな暗鬱な気分を吹き飛ばす新しい音楽の波が、あの大英帝国からもたらされたのです。
スポンサーサイト
category
はじめに

TrackBack Url

http://prognet1958.blog.fc2.com/tb.php/4-56782d4f

プロフィール

prognet

Author:prognet
世界中のプログレッシブ・ロックやブリティッシュ・ロックが大好きな50代男性。
CDや配信音源では絶対に味わえないアナログ・レコードの持つ魅力を、マニアックにそしてディープに紹介していきます。

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。